滋賀県「新しい生活・産業様式確立支援事業」について

滋賀県「新しい生活・産業様式確立支援事業」について

2020年11月30日更新

申請期限が12月25日(オンライン申請)へ再延長されました。
ただし、郵送は12月15日必着。予算額に達し次第終了。
(当初は11月20日まで、延長11月30日まで)

<注意>
11月30日現在の情報です。最新の情報は公式サイトをご覧ください。更新されることがあります。
本ブログの内容が古くなる恐れがありますので、テキストのコピーはお控えください。

この記事では主に注意事項について説明します。また、必要な書類などは個人事業主の方の説明となっています。
滋賀県「新しい生活・産業様式確立支援事業」公式サイト

制度概要

最大10万円まで助成

新型コロナ関係の備品や設備を購入すると最大10万円まで助成されます。
ただし、本体価格のみ助成されます。つまり消費税は自腹です。
対象経費は公式サイト中頃の「対象経費一覧・詳細はこちら」(PDFファイル)をご確認ください。一覧にないものも申請はできますが、審査が通るかはわかりません。申請時の分類の選び方も含めて、コールセンターへお問い合わせください。

5万円から利用可能

5万円から利用可能です。

エアコンや空気清浄機をよく購入されています。購入金額が5万円以上10万円ぐらいになるからです。

他方、この「5万円から」がネックになる方がおられます。
消毒液などの消耗品では5万円分は大量でそこまで必要ではない。かといって大きな空間で事業をされている方(工場など)のエアコンは、10万円を大きく超えます。このように、「ちょうどいい金額の欲しい物」がないという方もおられます。

自宅のエアコンについて

たまに「自宅のリビングにエアコンを付けたい」というお話を聞きますが、事業をされている場所のエアコンのみ対象です。そのため、自宅兼事務所の方は事業で使用されている部屋は、対象になると考えられます。

対象者

滋賀県内の中小企業や個人事業主など。
詳しくは公式サイトの「助成対象事業者」をご確認ください。

対象外の業種がありますのでご注意ください。
対象外:医療機関・薬局等および介護・障害福祉サービス事業者、児童福祉施設等、ホテル・旅館、公共交通事業者

申請期限

オンライン申請は12月25日まで
郵送は12月15日必着
ただし、予算額に達し次第終了

必要な書類

・確定申告書(2019年分)B第一表
(開業まもなく、まだ確定申告をしていない方は「開業届」と「売上を記録している帳簿」)
・本人確認書類(運転免許証など)
・領収書・明細書
・通帳の1・2ページ目(表紙を開いた部分)

運転免許証

電子申請の場合はスキャナーで取り込む、スマホなどで写真を撮ります。ただし、運転免許証は表と裏を取り込む必要がありますが、ファイルの添付は1ファイルのみです。表と裏を圧縮ファイル(zipのみ対応)でひとつにまとめる、WORDに写真を貼り付けて1つのPDFファイルとして保存する、などします。

領収書

宛名書き(「〜様」の部分)は個人事業主は事業主の名前(配偶者の名前は不可)もしくは屋号をお店の方に書いてもらいます。
但書(「但し、〜として」の部分)は、機種名など何を買ったか特定できる情報を書いてもらいます。私の場合は何を購入したかわかるように、明細も添付して申請します。
ネットで購入したときは購入したものが分かる書類(購入画面のスクリーンショットや納品書など)と支払った事実がわかるもの(クレジットカードの明細や通帳の振り込んだことがわかる部分など)を添付します。

申請方法

オンライン申請と郵送(簡易書留)で申請できます。
オンライン申請は公式サイトの真ん中あたり「オンライン申請はこちら」をクリックしてください。
オンライン申請は、持続化給付金をご自身で申請された方はできると思います。
記入事項の中で、
「事業者情報」は本人確認書類(運転免許証など)の記載と同じものを記入します。
「県内の事務所・事業所」は事業を行っている場所(店舗など)について記入します。

問い合わせ先

専用のコールセンターがあります。公式サイトの最後から少し上をご覧ください。

対面で質問をしたい方は、商工会や商工会議所、行政書士事務所などへお問い合わせください。正式名称(滋賀県「新しい生活・産業様式確立支援事業」)とお伝えいただくのがいいですが、「滋賀県の10万円の助成金で新しい生活なんちゃら」とお伝えいただくと、概ね伝わると思います。

みなさまの一助になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました